このブログを検索

BLOG ARCHIVES

DAHON K3

DAHON K3
2019年購入。14 inch,7.8kg,3速。

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。けっこう走れます。2019年、退役。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は25年間ノートラブル。2017年、退役。
 
 

大きな地図を見る
 今日はタイからカンボジアへの国境越え、カンボジアのビザ(e-visa)はネットで取得(36ドル)し、送られてきたPDFを印刷しパスポートに貼り付け済み。タイの出国はバイク経路の案内に沿って乗車して進みます。
 高速の料金所みたいなところでタイ出国手続き。
 乗車して国境へ。画像左は、歩きで国境を越える人達。
 国境の橋の上で左側通行と右側通行が入れ替わり。誘導される訳ではなく、ぶつかるので自然に入れ替わる感じ。
 カンボジア王国へ入国。入るとカジノ街。カンボジアは外貨獲得のため、国境を特区にしています。
 そのまま進むとカンボジアのイミグレーション。自転車の案内路に入ろうとすると止められ、
 入り口に自転車を停めろと。
 係員だか客引きだか分からない人に入出国カードをもらい記入し、奥のイミグレで手続き。窓口でe-visaのコピーを1枚求められました。係員だか客引きだか分からない人が、記入方法や並ぶ列を教えてくれました。
 イミグレでパスポートに入国印と出国カードをホッチキス留めでもらい(この間、数分自転車を離れます)
 自転車に戻り、自転車の案内路を押して入国。
 入国して振り返ったところ。バスの客引きが近づいてきましたが、自転車に目をやり笑顔で退散。
 タイ、カンボジアを結ぶ鉄道は、国境のモニュメント以外完成しているようです。これ、スリバチ学会で知り合った階段マニアのYさんのプロジェクト。
 タイ国道336号線はカンボジア国道6号線に。キロポストもインドシナ風(フランス型)になりました。

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com