このブログを検索

BLOG ARCHIVES

DAHON K3

DAHON K3
2019年購入。14 inch,7.8kg,3速。

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。けっこう走れます。2019年、退役。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は25年間ノートラブル。2017年、退役。
 
 

09 シェムリアップ ~ スタング

2018年2月28日水曜日

大きな地図を見る
 3泊したシェムリアップから国道6号線を東へ。ロードバイク屋を初めて見ました。店主とは、カンボジアの経済は成長している。ロードバイクの需要も伸びるであろう、と経済談義。
 道路は素晴らしい。路肩までしっかり舗装されロードバイクでも快走できるる路面です。
 見慣れぬ竹筒状のものを売っているお店が続きます。食べ物なのでしょうか。竹の中で蒸したおこわでした。赤飯に近い。微妙にシナモン系の風味もあり、上品な味わい。2000リエル。
 校門の内側で生徒たちが待っています。観察していると、先生や地元の人達が国道の車両を停めて、一斉に下校開始。ベトナム人よりシャイなのでしょうか、こちらに興味を示しつつも話しかけてくる生徒はいませんでした。
 毎日飲んでるサトウキビジュース。
 2杯で1500リエル。英語で値段を伝えてくれたのは子どもたち。お母さんの手助けができて、少し得意げでした。
 シェムリアップから60km、国道6号線の旧道に架かるプラプトス橋。13世紀初頭に造られたクメール王朝時代の橋。思っていたより大きな橋で驚きました。
 ここまで造れたのに、アーチ構造にはたどり着けませんでした。
 スタングの街に入り宿探しモードに。4軒部屋を見て中国系の宿、エアコン付き 12ドルに決めました。水圧が弱くシャワーは使えず。桶の水をかぶるシステム。便座にも少々難がありましたが、特段の問題はなし。
 夕食は野菜の汁ものと思ったが、魚がたくさん入っていました。7000リエル。もちろん完食。今回の旅、出てきた料理は全て完食。これ、食堂のおばちゃんと仲良くなる基本。おばちゃんが値段を決めるので重要事項です。
 101.86km、AV19.5、5:12

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com