このブログを検索

BLOG ARCHIVES

DAHON K3

DAHON K3
2019年購入。14 inch,7.8kg,3速。

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。けっこう走れます。2019年、退役。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は25年間ノートラブル。2017年、退役。
 
 

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 今日はシェムリアップ川を下りトンレサップ湖を目指します。湖までたどり着けるでしょうか。のんびり朝食を取った後市街を抜け川沿いに下流へ。川は流れていない感じです。
 道路の比高は+3mほど。道路以外は雨季には水没するのでしょう。
 平坦地にひょっこり盛り上がるフナムクロム(110m)。山頂の寺院はアンコール遺跡チケットの範囲で入れませんが、眺望は寺院手前から望めます。ただし、トンレサップ湖は判然とせず。
 シェムリアップ方面
 トンレサップ湖方面
 山を下り湖畔を目指します。完全な水郷地帯。貝を売るムスリムの女の子。ムスリム、よく見かけます。
 小学校も水上高床式。
 乾季の今は、湖畔から数キロ離れている漁港。大規模観光施設が建設中です。
 さらに進むと舗装も途切れます。完全に水没する地域でしょう。
 高床住居がなくなり水上住居(舟型住居)に。電気が来てないので、バッテリー屋がエンジンで充電していました。テレビアンテナらしきものはあるので、バッテリーでテレビを見ているのだと思います。
 ここで道が途絶え、湖畔は断念。
 Google Earth をみると、ここを越えるとまた道があるはずですが。
 帰路、電気が来ているお店でアクエリアス。2000リエル。貝をわけてもらい、食べ方(噛んで割るのにコツがいります)を教えてもらいました。
 37.86km、AV13.1、2:53

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com