このブログを検索

BLOG ARCHIVES

DAHON K3

DAHON K3
2019年購入。14 inch,7.8kg,3速。

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。けっこう走れます。2019年、退役。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は25年間ノートラブル。2017年、退役。
 
 

大きな地図を見る
 「スカイレーン・タイランド」はスワンナプーム空港を周回するタイご自慢の自転車道。写真を撮りにいったところ、パスポートでのID登録、ヘルメットを持ってない人には無料レンタル、、とあれよと進んでしまい、23km周回することに。
 確かに凄い。湿地に作った空港の堀に沿う周回コース。途中で抜け出す道がありません。腕時計型ID機器でコースへの入退が管理され、レスキューも呼べる先進テクノロジーが導入されています。車で来て専用駐車場から走り出すシステムで管理下に置かれる感が強いですが、政策的に自転車を推進する姿勢が読み取れます。
 バンコク市内へは行かず東へ。国道3001号線は、大掛かりな道路工事で走りにくかったです。
 タイのキロポスト。インドシナ風(フランス型)とは形状が異なります。
 ルート沿いに宿が見つからないので、少し離れたチャチューンサオ(県庁所在地)で宿探し。Hotelの看板がなく、タイ語を覚えておく必要がありました。アパートっぽい建屋に、「ホテルですか?」と尋ねてチェックイン。500バーツ。洗濯機30バーツ。
 負荷のかかる走りはしていませんが、体が冬モードなので足つりが頻発。如何に水分補給するかが重要です。昼飯40バーツ+オレンジジュース10、チェックインしての飲料46、夜飯40、夜朝の飲料40。
 77.82km、AV17.0、4:33

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com