このブログを検索

BLOG ARCHIVES

DAHON K3

DAHON K3
2019年購入。14 inch,7.8kg,3速。

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。けっこう走れます。2019年、退役。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は25年間ノートラブル。2017年、退役。
 
 

うだつの街とデ・レーケ堰堤

2018年7月31日火曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 木曽三川の分流など、明治の治水で活躍したヨハネス・デ・レーケの堰堤が現存する脇町大谷川へ行きました。
 吉野川南岸を走り穴吹町三島から潜水橋で脇町へ。この道、歴とした徳島県道199号線です。
 うだつが上がった家々。
 美馬市脇町南町は「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されています。
 オデオン座(脇町劇場)は1934(昭和9)年の建造。
 オランダ人土木技師ヨハネス・デ・レーケは明治6年来日。帰国まで30年に渡り、砂防や治水の近代化に尽くしました。
 木曽三川の改修とは異なる小作品。資料は残っていないようです。
 稲田家の家臣(明治維新後、徳島藩士が襲撃した)が多く住んだあたりから撫養街道沿いの建物。
 帰路は北岸を走る。第十堰の上流にある第十樋門。旧吉野川の起点。
 吉野川第十堰。洗堰で問題なし。
 ここに可動堰をつくれば風景が一変した。
 北島まで戻り、麺喰い屋澤で塩山椒。熱中症リスクのあるサイクリング。今日の場合は、“腹を満たす“でなく塩分で“命をつなぐ“。
 94.6km。

2 コメント

  1. ゴン Says:
  2. 稲田家、稲田騒動が無かったら、淡路は徳島県だったかもしれませんね。
    私も澤のラーメンは二度ほど食べました。美味いです。

     
  3. taka Says:
  4. 稲田騒動・・・、明治維新の真っ只中で、江戸時代秩序の殺し合いをやってた感があります。粛として討たれた稲田家臣が不憫です。現在の「四国にも新幹線を」運動と同様、アサッテの方向を向いていますわ。

     

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com