このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

標高グラフ付きの大きな地図を見る


 予定外の宿泊となった観雲山荘ですが、ここも救國團青年活動中心の系列で、堅牢な大きな建物に、とても安く泊まれました。
 シーズンオフの平日なので、相部屋を一人で専有します。期待と不安の夕食は、味も量も大満足。一人のために、ちゃんとした料理を作ってもらい感謝です。
 出発は 8:20 、気温は11.5度。雲海の位置は昨日より高く、見えていた合歓山山頂も見えませんので、条件は悪そうです。

 省道8号線との分岐になる大禹嶺(2565m)到着は 9:05 。交通の要衝なので、ドライブイン的な食堂が3軒。食事、美味そうです。

 合歓山までは 8Km、最高地点の武嶺までは 10Km 。道は峠へのアプローチではなく、3000mの稜線をはう、馬の背のような線形です。

 稜線の風はきつく、時々、15m/sほどの突風が吹きます。

 昨日出発した天祥は 2500m下です。雲海の底深く沈んでいます。

 合歓山(3158m)到着は、撮影に時間をかけたとは言え、11:53 。気温 3.8度、気圧 701.4hp 、空気が薄くて押すのも苦しい。

 武嶺(3275m)到着は、12:28 。サイクリングで来る所ではありません。山岳地帯です(笑)

 この天候では、豪快ダウンヒルとはいきません。霧の中のウェット路面を、丁寧に下って行きます。

 2000m 下って、ようやく霧社のまちが見えて来ました。

 霧社で遅い昼食を取り、さらに埔里まで下って省道21号を日月潭へ。日没後の湖畔を周って、飛び込みで日月潭青年活動中心に宿を取りました。既に真っ暗なので泊まれないとピンチでしたが、ホスティング・インターナショナルのカードが決め手で、安く泊まれました。

走行距離 99.06Km / 平均時速 14.05Km / 走行時間 7:02

4 コメント

  1. や ま Says:
  2. いやあ、期待を遥かに上回る情景です。
    完走できなかった、中央山岳地帯のよう。
    以前に見せていただいたボルネオの山同様、また行ってみたいところが増えました。

     
  3. taka Says:
  4. このコースはレース「世界最大標高差?」も行われています。いかがでしょう。
    http://www.taroko-hc.org/index.html

    私も、もう一度走りたいと思っています。これは、「天候の良い時に」という思いと、「今回遅すぎ」の2点あります。

     
  5. や ま Says:
  6. 次回は、ぜひご一緒させていただきたいものです。
    もちろん、好天で!

     
  7. taka Says:
  8. >や ま さま
    行きましょう!!
    仕事のパフォーマンスを維持するためにも、ぜひ、まとまった休暇をとってください。→もっともらしい甘言に注意(笑)

     

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com