このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

台湾2012 第十一天 石門~南寮

2012年1月16日月曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る

 夜半過ぎから激しい雨。4日前に通過した武嶺では、20cmほどの積雪となったようです。走りたくはありませんが、少しでも台北には近づいておきたいものです。
 意を決してチェックアウトに向うと、宿のお兄ちゃんが、車を用意しています。この雨の中を走るのは危険なので、苗栗駅まで送って行くとのことです。一瞬迷いましたが、ここは甘えて送ってもらうことにします。

 苗栗駅着が10:20 。30Kmもの距離ですが、ガソリン代すら受け取ってもらえません。
 ここから輪行で台北へ向かうのが本筋ですが、雨が弱まっているように思います。西の海の方は、空も明るくなっています。となると、自転車乗りは走りたくなります。
 省道13甲,省道1 を走り香山駅へ。日式建築を手入れよく、現役で使っています。台湾は、高雄駅や七堵駅などの古い駅舎も保存しているので、駅に寄り道して損はありません。

 ここからは、台湾海峡沿いの新竹海八景自転車道を走ることにします。ここは、旧車道なのでしょうか。鉄の橋を何本も越えて続いています。

 宿は漁港のある南寮にします。旅遊中心(ツーリストインフォメーションセンター)を訪ねて、オバちゃん達に相談します。言葉が通じないのであまり役立ちませんが、一生懸命なのはよくわかります。
<会話の推測>
「わ、まずい。日本人みたい」 「来ないで、来ないで・・あっ、来ちゃった」 「ぎゃー、誰か英語か日本語わかんないの~」 「どうしよう、泊まりたがっているみたい」 「この辺、ラブホしかないよね~、どうすればいいのよ」
 で、無事、きれいな温泉付き汽車旅館に泊まれました。

走行距離 50.34Km / 平均時速 17.10Km / 走行時間 2:56

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com