このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

台湾2012 第五天 南方澳~天祥

2012年1月10日火曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る

 夜、かなり激しい雨が降ったので心配でしたが、コーヒーショップ「海王子」の店長の言っていたとおり省道9号の通行止めは解除されていました。

 この辺りの海岸は断崖なので海沿いの経路は取れず、道は尾根を越えて一気に高度を増していきます。

 がけ崩れ箇所は、思っていたより大きな規模でした。

 小雨続きの路面は泥が多く、特に下りは危険。東澳駅から新城駅までの7駅は、鉄道で移動することにします。
 輪行袋を持っていないので、乗れる列車は自転車マーク付きに限られます。自転車用車両をつないだ優等列車か、混まない普通列車(区間車)がOKのようです。
 大人の半額に相当する "抜き身自転車キップ" が必要です。注:輪行袋に入れた場合は無料。

 太魯閣の最寄り駅である新城駅には、大きなレンタサイクルベースがありました。グレードの高い自転車も借りられるようです。

 太魯閣渓谷は2度目ですが、凄いとこです。何故、ここに道を作ったのか不思議です。

 宿は標高480mまで上った天祥青年活動中心、台北と同じホスティング・インターナショナル(旧ユースホステル)です。
 14時チェックインで、明日からの登坂に備えます。

走行距離 45.36Km / 平均時速 12.88Km / 走行時間 3:31

4 コメント

  1. キッチョムです。

    台湾2周目に行ってらしたんですね。私もいつかは行ってみたい。

    楽しみに読ませて貰います。

     
  2. taka Says:
  3. >キッチョムさま
    台湾は、親日かつ親自転車なので、お勧めです。国内より安く行けると思います。
     
    日本は寒い! 戻るのが早すぎました(笑)

     
  4. や ま Says:
  5. アップまで時間があったので、ちょいと心配していました。無事帰還されているようですね。
    最後のような写真を見せられると、ますます一度行ってみたくなってきました。
    この後がさらに楽しみです。

     
  6. taka Says:
  7. >や まさま
    こそっと帰ってました(笑)
    ちょうど、やまさんのブログがコメントを書き込みにくい内容だったので、黙ってました。
    天候には恵まれませんでしたが、素晴らしい旅になりました。
    やはり、ホスピタリティは最高の観光資源です。
    照れて外来語を使いたくなりますが、
    親切、思いやり、心配する心情、会話したいという思い、笑顔 が嬉しい。

     

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com