このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

標高グラフ付きの大きな地図を見る

 今回の目的は台湾省道最高地点の武嶺(3275m)越え。起点の新城を目指し南下を続けます。天候は曇り。
 宜蘭周辺は3回目なので、ガイドブック「自行車環島旅図」に載っていた宜蘭磚窯に寄り道してみます。
一種の登り窯で、県内に20あまりあった窯のうち、最も原型に近く保存されているものとのことです。

 今日はできるだけ南下しておきたいところですが、羅東鎮のGIANTでサドルバッグを調達した際に道を聞くと 「省道9号が今朝から通行止め。あなたは、鉄道で行くことになる」 とのこと。
 この道が閉鎖されると太魯閣国家公園への観光バスが全滅なので、にわかに信じがたくもありますが、蘇澳新駅で様子を聞くと一旦復旧したが再度のがけ崩れで通行止め、自転車をそのまま乗せられる列車は3時間後 とのこと。(折りたたみ車ですが、今回は輪行袋を持っていません)

 3時間待つのはイヤ、ひょっとすると自転車は行けるかも(=この発想は、国内で何度も痛い目にあっていますが)で先に進んでみます。
 結局、省道9号は警官隊に閉鎖されており入れず、行き止まりの南方澳の旅遊中心(ツーリストインフォメーションセンター)で宿の相談をします。ここにはホテルが無いので蘇澳まで戻れとのことでしたが、漁港である南方澳で泊まりたい、日本人だけど、ぼろっちくても全然OKと頑張ると、ようやく一軒紹介してくれました。
 宿の隣のコーヒーショップ「海王子」ではWifiが使えました。台湾のスマートフォン/Wifi普及は、ガラパゴス日本を遥かに凌駕しています。

走行距離 40.63Km / 平均時速 N/A / 走行時間 N/A

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com