このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

台湾2012 第三天 台北~礁渓

2012年1月8日日曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る

 ツーリング初日は、省道9号線を東海岸へ走ります。市街を抜けてからは、標高500mほどの峠を2つ越える山間ルートです。
 まずは宿のある台北北端の士林から南端の新店まで、淡水河に沿った自転車道を走ることにします。台湾の自転車道は、日本とは本気度が違い、設計、施工ともレベルが高く実際に走れる道が多いので移動のための経路として使えます。
 堤防の外側に自転車道があるはずですが、入り口が見つかりません。

 入り口は、こんなふう。他に、橋からのスロープなどもありました。

 天候が悪く人が少ないので高速走行できそうです。

 時折、雨が強まるなか新店到着は11時。東海岸までは60Km、このまま山に入るか否か迷います。宿も当たってみましたが、ちょっと高いしチェックインには早すぎます。意を決して走り出しますが雨は続きます。
 交通量が少ないのが救いです。

 県境の峠を越えると水田と海岸線が見えてきます。九十九折を平野まで一気に下ります。

 温泉地である礁渓の町を宿探しモードで低速走行、4ツ星くらいの山泉大飯店に宿泊します。体が冷え切っているので、広い浴槽はありがたいです。
 ネギとトマトが名産のよう。彩りが美しい。

走行距離 90.58Km / 平均時速 15.01Km / 走行時間 6:02

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com