このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 Northern Rivers Rail 廃線跡の2日目。昨日の嵐から一転、快晴。
 路面に木々は落ちていますが、風もなく平穏な天候です。
 リズモアの街を出ると、すぐに木橋 timber bridge が現れます。その後も、次から次へと。
 あいかわらず、細かな高低はありますが、朝の内は快適サイクリング。
 ベクスヒル Bexhill からは国道から大きく離れエルサム Eltham へ。主要道から離れた街なので、鉄道の位置付けは大きかったのでしょう。駅への愛着を感じさせます。
 ヒッピー風のオヤジが飯作っていました。同世代ではと思い自分の歳を言うと「ボーイ」と言われましたが、問いただすと、3つ違いでした。「声が若いから・・」とか言い訳してました。お茶ごちそうになりました。
 BGMは、ずっと Stand By Me でした。
 バイロン・ベイ駅 (Byron Bay)。オーストラリアの鉄道は上下分離なので、運行会社カントリーリンクのバスステーションになっていました。
 正面に見えるのはマウント・ワーニング。アボリジニの聖地です。
 M1(パシフィックモーターウェイ)を走り、マランビンビー Mullumbimby へ。モーテル泊が続いていたので、創業1904年という由緒ありそうなホテルを取りました。ん~、安かったですが、エアコンでなく大きな扇風機が天井で回っていました。
 78.56km、5h40m

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com