このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

グアム 2日目 南部周回

2011年4月13日水曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る

 今日は左回りに島の南部を周回します。右側通行なので、海側を走ることになります。6時30分に出発しましたが、ホテル街のタモンから州都のハガニアへの片側3車線の Route1は交通量が多い、車速が速いことに加え、少し窪んだマンホールが多くお勧めできない道です。
 アデラップ岬から山越えの Route6をとることにします。

 このあたりは、太平洋戦争の米軍上陸地なので、いくつかの戦争記念施設があります。ニミッツ・ヒルのアサン展望ポイントから。

 天候がめまぐるしく変わり、消防署の横で雨宿りしていると隊員に招き入れられ水を頂きました。「札幌の雪祭り行ったぜ」とことです。勧められるままに、消防用ヘルメットをかぶっての写真なども。

 一旦海岸まで下り12Kmほど南下し、Route2でグアム島最高峰のラムラム山(406m) の中腹を抜けます。今日のルートは変化に富んで飽きません。

 マゼラン上陸記念碑のあるウマタック湾からは、ココス・ラグーンの海沿いに戻ります。この辺、CM撮影に使えそうな無人のビーチが続きます。

 東海岸へ周りイナラハンで昼食を取りますが、フライドチキン。ガイドブックでは、チャモロ文化が残る町と紹介されていましたが、この日を含めローカル料理にはお目に掛かれませんでした。

 風景は素晴らしいですが、その分アップダウンも多くバテます。夕刻になっての北上は、シェルターの奥まで日が差し込みます。空港の南を走る最後の10Kmでは、地図を見る気も失い痛恨のミスコース。さらにバテました。
102.88Km

2 コメント

  1. や ま Says:
  2. 神出鬼没、今度はグアムでしたか。
    当然ですが、海がきれいですね。
    台湾同様、行った事ないです。

     
  3. taka Says:
  4. 完全に遊び人です。もう、社会復帰できそうもありません。
    出る一方なので節約に心がけており、現地で使ったのは68ドルでした。

     

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com