このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

 旧版地図に実際に歩いたGPSログのトレースを引けるなんて、興味深々です。「地図の旅愛好会」のNさんと、地震による液状化の被害が伝えられる浦安から舞浜を歩き、機能検証してきました。
 事前準備として、1917(大正6)年測量、1919年発行の1/25000地形図を DIY GPS に取り込み、緯度経度を入力します。

 浦安駅から境川に沿って歩き始めます。今は、ありふれた川沿いの住宅地ですが、昭和46年に漁業権を放棄し埋立が本格化するまでは、海へ玄関口として2000隻近くの漁船が係留されていたそうです。

 市役所わきから DIY GPS でのトレースを始めます。市役所、郷土博物館、小学校、当時は養魚場でした。

 DIY GPS が、歩いたルートをトレースしていきます。ズバリ、iPhone の醍醐味です。

(A)埋立で伸びた境川の南岸、
今川1丁目あたり。
(B)浦安南高校前。
(C)弁天2丁目あたり。

(A)堤防の横が30cm以上、沈下しています。
(B)液状化で噴出した泥水が乾いたあと。
(C)住宅街も被害を受けています。断水しているようです。
 センターラインが、昔からの陸地と埋立地の境界です。左側(西側)の地域は、全く液状化していません。
 ゴールは舞浜駅。ディズニーランドの駐車場など、ここも被害を受けました。

10Kmくらい(歩き)

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com