このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

標高グラフ付きの大きな地図を見る

 つげ義春が甲州街道の野田尻宿、犬目宿にたどりつけぬまま "猫町" を見たのは昭和44(1969)年のことです。
 猫町紀行が書かれたのは、それからだいぶたった1982年ですが、迷った道については、かなり細かく記載されています。
 DIY GPS に旧版地図を入れて行ってみます。当然、1969年ごろの地図が最適ですが、手元にあったのが1910年(明治43)。これでは、却って混乱するかも?
 橋本駅まで輪行し、相模湖を越え上野原へ。
 つげが買った酒まんじゅうは30円だが、今は80円。出来立て、美味い。

 「旧道の入口は上野原の町はずれの大きな坂の中ほどにあり・・・、眼下に鶴川が流れ、川の向こう岸に旧道が犬目宿の方へ伸びているのが見えた」
と書いてある地点は、下の写真の場所だと思います。
 野田尻、犬目へと続く甲州街道は、中央に見える鶴川宿を過ぎると、直進する道から急角度で手前側へ分岐しているので、つげ達は鶴川宿を越えてそのまま直進したのではないだろうか。

 道に迷ったあと、どこかの集落を一瞬横切った 「そこが猫町」
  amazon は、こちら 

 その後 「車はどんどん坂を下り、いつのまにか中央高速道をまたぐ陸橋の上に出た」 とあるので、絞り込めそうです。
 ただ、今日の探索では、街並みと交差する道は見つかりませんでした。加えて現在の地形図では該当する道は無いので、1969年ごろの地図を入手した後、再訪する必要が・・

 野田尻宿:最有力でしたが、今日の探索で可能性は低下。

 犬目宿:通りがかったおばあさんの話では、1970年の大火後、道幅を広げたとのことです。

 DIY GPS の新機能( Ver. 1.4.0)を使い、ルートラボの .gpx を旧版地図へインポート。この機能、PCのソフトで欲しいです。← Google Earth でできました。
帰路は輪行せず、R16,R246経由で帰宅。  118.22Km
答えの出た2回目の探索は、こちら。

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com