このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

< offmaps >
 2年ほど使っていない "offmaps" ずいぶん機能が変わりましたね。
今回のGuamは、地域別の base map があったので、範囲指定ではなく、一括でダウンロード(204MB)しておきます。
 グアム到着後、現在地を表示させようとしますが、表示されません??

 これではただの地図ですが、道を一本間違えて、写真の地点で行き止まりにはまった時も、村の中の小路(ピンク矢印)だと分かったので、難なくリカバリィできました。
 GPS機能は欠けても、詳しい地図を持ち歩ける点で有益でした。

< DIY GPS >
 購入して間もない "DIY GPS" 初の海外使用です。事前準備に手間をかけます。
(1) Bikemap.net で予定コースを作成し、画像として切り取る(写真:左側)
(2) (1)地図エリアの画像の緯度経度を知るため、ダミーのコースを作成(写真:右側)、gpxでエクスポートし、地図画像の時分秒を調べる。

(3) 地図端の緯度経度を入力する。(これって、東経、北緯限定かな?)

>経緯度の10進法入力の場合、西経と南緯の場合はマイナスで入力します。ただ、赤道やグリニッジ子午線をまたぐ地図は現在地の計算がおかしくなるかも知れません。 by keizi666
とのことです。日付変更線の方が難しそうだが。

 どうも、うまく現在地を拾えません。これは、DIY GPS の問題ではなく、iPhoneGPSの精度または、緯度経度の入力ミスが考えられます。
 現地で確認したかったのですが、有償パケットが怖くてできませんでした。

 実際に走ったルートは Bikemap.net に後日手入力したので、そこからエクスポートした gpx を、まもなくリリースされる DIY GPS のインポート機能を使い描写すれば、謎が判明すると思います。
 この DIY GPS は国産アプリで製作者の keizi666 さんが、twitter でつぶやきながらブラッシュアップしているので、一緒に育てていければと思います。

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com