このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

標高グラフ付きの大きな地図を見る

 ようやく春になったので引きこもり解消、永田町の国会図書館へ行きます。
 いつも走る駒沢通りは、武蔵野台地を小さな川が鹿の角のように削っています。東京時層地図を持って、川べりの桜を見ながら走ることにししょう。
 深沢、日体大横の呑川(のみかわ)。水源は桜新町で洗足池からの洗足流れと合流し、最後は羽田空港で東京湾に注いでいます。明治初期の地図だと、この川沿いの低地だけが水田でした。

 呑川の柿の木坂支流。昭和30年代の1/10000地形図だと川が描かれていますが、今は暗渠になっています。

 近くを品川用水が流れていたので、寄り道してみましょう。痕跡なしですが、この道が目黒区と世田谷区の境界です。

 かつては田んぼの中を蛇行していた目黒川。ぼんぼりもぶら下がっていますが、ちょっと花見はきつそうです。

 笄川(こうがいがわ)があった外苑西通りを "青山陸橋" で渡ると、都心の桜の名所、青山霊園です。

 国会図書館では古い台湾の地形図を入手。ここ、戦前までは広大なドイツ大使館でした。

 48.11Km

2 コメント

  1. nana_nana Says:
  2. 良いルートですね。勉強になりました(^^)

     
  3. nana_nana さん こんにちは。
    都内でも、ゆっくり走ると、ちいさな見所はたくさんあります。

     

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com