このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

台湾 錐麓古道を歩く(後半)

2012年4月25日水曜日

 歩き始めて4時間の13時に断崖駐在所跡に到着。ここからが錐麓古道の核心部です。
 道幅も1m、路面もしっかりしており危険ではありませんが、高度感で足がすくみそうになります。
 山側に通されたワイヤーをいつでも掴める心構えで歩を進めます。

 いわゆるシングルトラックですが、自転車はお勧めできません。

 地形図に書かれている崖中央部のトンネル。

 核心部を越え、振り返ったところ。

 動画(32秒)

 森の中の吊り橋をわたると、旧版地図に警察署記号が書かれているバタカン社。今の地名は巴達岡です。

 ここには、警官の宿舎や宿泊施設、教育所の建物もあったようです。少し広い平地ですが、残っているのは門柱だけです。

 15時35分、立霧渓本流を渡り観光バスが並ぶ燕子口へ到達。
 歩いてきたのは日本人。無事の帰着を入山者台帳でチェックし、笑顔で迎えるのは台湾人。周りには大勢のデジカメを持つ大陸からの中国人。
 道の開削から100年後の様子です。

2 コメント

  1. や ま Says:
  2. 動画を見ているだけでも、足がすくみます。

     
  3. taka Says:
  4. 私、落ちそうな所って、若いころ全くNGでしたが、このごろ平気になったようです。
    進歩なのか鈍感になったのか、判別つきませんが(笑)

     

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com