このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 ここは、東海岸に面した山腹なので朝日を浴びに裏山に上ってみます。既に、すっかり日は昇っていますが(笑)
 逆光に霞むのは亀山島。気温20度くらいの、気持ちのいい朝です。

 朝食後、頭城駅まで走り鉄道で南澳まで輪行。前回走りそこねた蘇花公路(省道9号線)を太魯閣へ向かって南下します。このあたりは脊梁山脈が太平洋へ切れ落ちているので、山肌を縫うように道が作られています。

 当然、トンネルも多いです。路肩が狭く危険なのは万国共通です。

 今日の最大の目的は錐麓(すいろく/ Jhuilu)古道のパーミッション取得です。国家公園管理処へ生態保護区入園許可證、警察へ山地経常管制区入山許可證の発行を申請します。たまたま、管理処に日本語可の湯さん(兵役の一環として派遣された好青年)がいたので大変助かりました。
 日本の登山届とは違い厳格な手続きで、台湾在留守部隊の連絡先,身分証番号が必要です。月-木:最大60名、金-日:最大96名に制限されており、入園許可は前日の午前10時までに取得する必要があります。
 外国人は登山ガイド経由で申請することが多いとのことです。

 65.16Km

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com