このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 1月に走った台湾ですが、GWに友達を案内する事になり再訪しました。GWは航空機運賃が高騰するので超先発します。今回は自転車に加え古道歩きが目的です。
 定宿の「劍潭海外青年活動中心國際青年旅舍」から台北駅まで走り、台北-貢寮は鉄道で輪行。貢寮から省道2号線を経由し古道へ向けて走ります。

 草嶺古道は、清末期に開かれた道で台北からも近く多くのハイカーが歩いています。瑞々しい木々の緑が映える道ですが石段です。
 自転車を止め20分ほど歩くと平坦になり視界が開けてきます。整備された小径が続くのでそのまま歩きたくなります。

 google map だと車道と同様に描写されているので、自転車で東海岸まで抜けられると思っていましたが、核心部の3Kmが越えられません。

 古道が抜けられないとなると、始めて台湾を走った時に感心した舊草嶺隧道(旧鉄道トンネル)が最短ですが、今回は未走の三貂角を回ることにします。
 ちなみに、舊草嶺隧道(2166m)は 2008年に遊歩道・サイクリングロードとしてリニューアルしましたが、人気が高く休日は "自転車のみ" に制限されています。
 日本だと間違い無く自転車が排除されますが、こう言ったところが、私が台湾へ何度も走りに行く所以でもあります。

 さて、三貂角は灯台がある昭和風観光地ですが、省道に並行したサイクリングロードが続き気持よく走れます。

 宿は飛び込みで頭城休閒農場へ。台湾も都市化が進み、こういった体験型観光農場に人気があります。お部屋もなかなかのもの。
 家族連れが、天燈作りを行なっていました。アトラクションも盛りだくさんで、私も蛍狩りに参加しました。蛍の写真は案の定、失敗(笑)
 ここ、日本語可のスタッフもいて、日本語の facebook ページ も充実しています。

 50.81Km

2 コメント

  1. smak Says:
  2. 走りやすそうな景色でうらやましい限りです.

    1枚目の地図,徳島に似ていて蒲生田岬から美波町を走ったのかと一瞬思いました^^;;

     
  3. taka Says:
  4. 台湾は本気モードで自転車道を整備しているので、真っ当に走れる道がたくさんあります。

    似てますね! 伊座利峠を越えられずに引き返し、岬回りで日和佐に泊まった感じです。

     

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com