このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

台湾 旭海~墾丁

2012年4月29日日曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 昨日距離を稼いだので、今日はのんびり走ることにしましょう。旭海は朝日の名所、太平洋からの陽を浴びて海岸線を南下します。交通量は殆ど無く、快適な道です。人家はほとんどありませんが、軍施設がけっこうあります。

 港の漁船が変わった形をしています。帰国後台湾東部の開発史を読んでいたら、似た写真がありました。おそらく、竹筏(てっぱい)と言う竹製の舟の系統でしょう。

 港仔から内陸に入りパイワン族の居住地だったあたり。山相も穏やかで日本の風景ようです。
 補給で寄ったよろず屋。朝からおばちゃんが酔っぱらってます。店の主人がむきえびのような物を洗っているので、何かと尋ねると・・(言葉で通じることは期待していませんが、身振りで意向は伝わる)
 何か言ってますがわかりません。すると、酔っぱらいが「でんでんむしむし、か~たつむり」と歌い出したので、答えはわかりました。
 酔っぱらいおばちゃんが、なぜ日本語の歌を歌ったかという、もっと大きな謎が生まれましたが、こっちは謎のままです。

 台湾最南端の鵝鑾鼻が近づいてきます。

<上の写真の説明>
(その1) 昼飯を食べているとウェディングドレスの女性が。英語の会話です。
「写真撮っていいですか」
「いいですよ~」
「きれいですね。今、結婚式ですか」
「いいえ、まだ結婚してません」
「えっ」 (ここ、日本語)

(その2) 台湾語 vs 日本語 (お互い、通じてません)
「お前、日本人か」
「そうだよ、パイナップルおいしいね」
「昼飯、食ったか」
「さっき食った」
「まー、遠慮せずに食えよ」
 物が出てきたので、いただきました。多分、自分の昼食の魚を半分にして分けてくれたのだと思います。

 今日の宿は日本で予約した墾丁青年活動中心。部屋は、自転車の後です。

 67.58km

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com