このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 昨日午後の上り直しは、思っていたより楽でした。やはり、疲れが溜まっていたのでしょう。
 引き返した地点から100mほど上ったところ。展望が良い場所なので、モーターバイクのベトナム人ガイドと、カンボジア系フランス人女性が休憩していました。逆コースでハザン中核部を周ってるとのこと。どこから来たか尋ねるまで彼女はカンボジア人と言っていましたが、パリに住む銀行員。明るい女性でしたが、来歴は聞けませんでした。
 上り切ると平坦になり、小さな集落がありますが宿はなく、昨日引き返して正解です。
 集落を越えるとまた長い上り道が見えてきます。
 厳しい登坂。舗装されているので、かろうじて上れます。
 更にもうひとつ。
 やっと最高地点へ。峠の茶屋が一軒ありました。
 盆地まで下ると小集落。大根くれました。いい味の辛味大根。
 何度かアップダウンを繰り返し奥地へ進んでいくと、山容が変わってきます。
 高度的にも気温的にも森林限界を越えていないと思いますが、山に土がない。
 航空写真から、殺伐とした風景を想像していましたが、気候は温暖湿潤、人家も点在していました。
 峠で売っていたのは、焼き卵(=ゆで卵)、そば粉のパンケーキ(各5000ドン)、焼き鳥(10000ドン)。一通りいただきました。反抗期?で、離れた場所に座って髪をいじっていた長女も話に加わって、ご家族の安寧にも資することができました(^_^) 彼女の話(指さし)だと、2km離れた峠の下に家があるとのことです。
 風景、たまりません。
 数え切れないほどアップダウンを繰り返し、ドンバン到着。15時前ですが、ここに泊まることにします。眺望を念入りにチェックした結果、シャワー、トイレ無しの Nha Nghi 。今回最安値の 150000ドン。
 宿からの眺望をチェックしたのは、折角の景色をベトナム人が重視しないため。ここも物干場ですが、イスを持ってきて専有することにします。
 ドンバン、宿屋の物干場からタイムラプス。(0:28)
 長い下りもありました。(3:43)
 46.23km AV9.6km/h,4:48:55

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com