このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 高級ホテルなので英語が通じます。TL204 でカオバンまで行くと言うと、「絶対無理、あなたは QL34を使うべきだ」と、もっともな忠告。色々きいてみると、途中の Thong Nong に宿があるようなので、予定のルートで上手く行けばカオバンまで、にします。
 ところが、いきなり街を出る道を間違え、1.5時間ロス。
複雑ですが、備忘の為に
(1) ルートを引いたのは Google Map だが、オフラインで使っている Open Street Map に該当する道がない。ルートの線だけが引かれている。
(2) 走る道は TL204 と思っていたが、道路標識は QL4A だった。
(3) 宿で Google Map のキャッシュを取得していた(ルートはなく、地図のみ)が、北岸のTL217、南岸の名前のない道路しかなく、TL204もQL4Aも表記されていない。
 地図の説明は、左から出発(OSM)、間違えてGam川の北岸を走る(Google Map)、橋を渡り引き返している(OSM)
 途中で気付きましたが、戻るより近い上流の橋まで行きました。
 昨日までと同じようにアップダウンを繰り返します。地形的に村落が隔離された盆地にありますが、ここは家並みが豊かそう、桃源郷かな~。
 さて、このルートを選んだのは、この壁。
 2015年のTDF 第18ステージの「モンヴェルニエのつづら折り」よりすごいと思う。なぜなら、ダートだから(泣)
 ここに道を付けるか? 中央に自転車写っています。
 上から。全容は見渡せませんが、4段分の道が写っています。ダンプ、小さく見えます。「LUNG NOI の壁」と命名。"ルングノイの壁"。
 上り切るとLung Noi(ルングノイ)村。
 広い盆地で稲作地区でした。
 平地を抜けるともうひとつ。
 ここ、来年来ると舗装されているでしょう。
 風景に加え、天候に恵まれました。
 車が通らないな、と思ってたら、ダンプが塞いでいました。プロペラシャフトを交換していましたが、路上で出来るのでしょうか。
 ここでふたつ目のつづら折り上部へ。中国国境まで500mです。
 画像中央に見えている街は、広西チワン族自治区の念井村。
 カオバンは朝のミスコースであきらめていますが、ソンノンも危ない。最後は夜間走行。夜飯のComは、珍しく鶏のから揚げ。から揚げも地鶏。
 69.30km AV10.4km/h,6:38:01

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com