このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 昨夜泊まったのは Khach Sam HOANG TRANG。明瞭な区分けではありませんが、Khach Sam は Nha Nghi(宿屋)より格上の名称です。250000ドンでした。
 指差し会話帳で「盗難が心配なので自転車を部屋に入れたい」と伝えると、「心配無用」と言ってましたが、夕食から帰ると「一階の部屋に入れといたわ」との身振り。いいおやじです。
 今日は、カオバンまでのんびり走り、ハノイ行きのバスチケット購入することにします。山は低くなりましたが、ダートが続く道。夜間走行していたら危なかったです。
 Bang川を渡りTL203に合流すると良好な舗装路になり、ほどなくカオバン着。バスターミナルへ向かいます。
 ベトナムのバスもきれいになりました。大型なら自転車も積めそう。3年前は屋根に雑貨やモーターバイクを積むのが当たり前でしたが、見かけません。MY DINH は調べたらハノイ市内のバスターミナル。外国人は「東京」はわかっても「新宿バスタ」はわからないのと同じ。
 寝台バスは3列2段、フルフラットです。
 意を決して窓口へ。「翌日日中のハノイ行き」を買いたいわけですが英語不可 「ハノイ行きはあっちだ」とのことですが、他に窓口はありません。多分、停まってるバスで直接買う仕組みのようです。
 本数は多いので、翌日の朝、乗り込める状態で来るのが間違いない対応でしょう。ハノイへ戻った後、南のニンビンへ行く計画でしたが、予備日は使い果たしている状況なので、ニンビンを諦めハノイまで自走する決断をしました。

 昼過ぎですが、宿探し。川沿いの眺めのいい部屋に、午後2時にチェックイン。200000ドン。フロントのお兄ちゃん、彫り物ありましたが洗濯機を使わせてくれました。
 久しぶりの都会なので、カフェスア caphe sua(コンデンスミルクコーヒー)。栗が名産っぽいので、20000ドン分購入。500g。
 フィットネスクラブまである街で、夜はピザ(50000ドン)と豆乳(5000ドン)。店の奥にいるのはオランダ人旅行者。ハザン、カオバンで会話したのはヨーロッパ人ばかりでした。
 完全にまったりモード。洗濯物も全部乾き、満ち足りた気分です。
 44.96km AV13.7km/h,3:16:12

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com