このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 昨夜、高級ホテルと錯誤した宿。このカラオケおやじはどうやって財を築いたのだろうか。
 街を抜け、一旦下りに。ハザン核心部が近付いてきます。
 盆地にある集落でブランチ。
 晴れ、気温は20度くらいでしょうか。緩やかな坂を上るには最高の気候です。
 盆地にある集落をたどりながら、徐々に高度を上げて行きます。
 イェンミンの街が見えてきたのは13時。泊まるには早いが、次に宿が確実にあるのは50km先のドンヴァン。
 宿のある集落を期待して 10km、500m 上りましたが、この先、村はなさそうです。リスクが高すぎるので、15時にイェンミンまで戻る決断をしました。
 ちょうど、子供たちが山仕事(薬草狩り?)していました。
 急斜面に張り付いて草をカマで集めています。危険な場所へはお姉さん格が登っているようです。
 ここは少数民族エリアですが、ベトナムでは小さな村にも必ず小学校があるので、学校が終わった後、みんなで仕事に来たのだと思います。
 メカには興味津々。
 挨拶だけは通じたもよう (0:58)
 街まで戻り宿探し。一軒目で部屋を見せてもらっていると自転車の韓国人グループがやってきました。Samsung 工場などの進出が盛んなので、関係者なのでしょうか。話しかけましたが、ちょっとクローズな雰囲気なので別の宿へ。夕食はカレー炒飯、これも Com です。
 72.61km AV12.6km/h,5:43:17 (先へ進んだのは50kmほどです)

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com