このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

03 ベトナム鉄道ラオカイ線

2016年11月11日金曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 昨夜のホテル、なかなかの立地。悪くはありません。
 午前中はタイ湖畔にある、竹野さんのブリストン・サイクルへ。増々盛んになるベトナムの自転車レース動向などを伺いました。
 午後は、週末はホコ天になるホアンキエム湖。モーターバイクやシクロが溢れていた周回道路、よくぞ断行したものです。
 今日の山場は、ラオカイ行きの夜行列車。ハノイ発 21:40、22:00 の2本出ており、貨物車を連結しているのは、22:00 発の列車。ソフトシートの座席は購入していますが、昔の言葉で言うチッキで運ぶ自転車は当日の手続きになります。
 ラオカイへ寝台で行く外国人で混雑する待合室。貨物通路から構内へ入り、自転車の輸送を依頼しますが・・。
「あなたの下車する Bao Ha 駅は、貨物を下ろせない。あなたは、終点のラオカイまで行く必要がある」
 荷物を下ろせる駅が限定されている情報は得ていたので、乗車券購入時に窓口で確認していますが、間違っていたようです。(間違えるはずのない、基本事項だと思いますが)
 貨物係に見せられた貨物取扱駅の表だと、たしかに Bao Ha駅では下ろせません。翌朝発の鈍行だと下ろせるようです。
 乗車券購入時に窓口に見せた絵で交渉。結局、「自分で下ろす」条件でラオカイまでの伝票を切ってもらいました。前日購入の乗車券 Ha Noi - Bao Ha(150000ドン)+ 手荷物 Ha Noi - Lao Cai(59000ドン)
 貨物車への積み込みは行ってくれましたが、バッグは外させられました。貨物係が乗務員に何か言ってるので、きっと Bao Ha駅で貨物室は開けてくれるでしょう。
 ソフトシートの車両。満席でしたが、5つめの Viet Tri までに3割ほど下りました。
 個室寝台(4人)、3段寝台など、12両編成。個室寝台車両の多くは、観光地サパのホテルの貸切車両です。
 ラオカイ行き夜行列車、ハノイ駅出発。(0:56)
 17.90km AV14.4km/h,1:14:23

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com