このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 ドンバンの街はヨーロッパ人観光客が多く、りっぱなホテルもありました。ハザン省で3泊しましたが、結局入域許可証を求められることはありませんでした。制度がなくなっている訳ではないので、英語の通じるりっぱなホテルに泊まる人からは、ホテルでの許可証提示または代行取得を行っているのでないでしょうか。
 宿、食堂ともドン表示の値段表を掲げており、ベトナムとは思えません。お値段も、まわりの街の3割増ほどです。昨夜の、Comは50000ドン。
 盆地を抜けるとすぐに急坂。
 山腹を巻きながら高度を上げていきます。
 霧が深く、幻想的な風景が続きます。不毛の地ですが、養蜂箱は何度も見かけました。
 メオバックへの峠を越えてすぐ、ベトナムでは珍しい展望台があるのが Ma Pi Leng 峠。道路開通碑には Ha Giang - Dong Van - Meo Vac 間、1959年着工、1965年竣工と書かれています。
 谷側に張り出した位置には、第2展望台もあります。
 谷、段畑、道が見える角度は霧が深く、画像では捉えられませんでした。
 少し下って道がはっきり見えるあたり。ここで、今回初めて自転車ツーリストに会いました。イタリア人ソロ。「全然、サイクリストに会わないの~」と言ってました。私も、モーターサイクリストとは何人も話しましたが、自転車乗りとは初めて会話しました。
 Ma Pi Leng 峠からMeo Vac方面への下り 。(2:01)
 見えてるのは Xin Cai 方面への道。
 メオバックで昼食、40000ドン。街を抜けるとすぐに上り。
 段差より畑の幅が狭い。
 子供たちが出てきたので学校なのだろうか、村の作業場なのか。山の中でも黄色く塗られたコンクリート造りの学校がありましたが、ここは、まだ寺子屋風なのかも知れません。
 顔面有りで遊んでいたゴムひもパチンコの弾を見せてもらうと、柔らかい生の豆でした。衣装の文様からMeo族と思われます。
 みんなすごく楽しそう。
 ノクエ川の支流を渡りカオバン省入り。ダム建設中のガム川を渡ったところで、停まって写真を撮ったのにミスコース。5kmも下流へ走ってしまいました。戻って川沿いに上流へ。ここの小学校は黄色い標準校舎。子供たちだけで、運動会?の練習をしていました。
 バオラックに着いた時は薄暗くなっていましたが、なんとか高級ホテルを探してチェックイン。一番広くてリバービューのツイン・ダブルで400000ドン。夕食は、相席だった3人連れに焼酎(ジウと言うらしいですが、Sakeとも言っていました)をたっぷりいただきました。長くて充実した日。
 100.99km AV14.0km/h,7:09:50

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com