このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

03 台北 - 苗栗

2017年2月10日金曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 2泊した Airbnb の宿を出て、一旦淡水河の河口まで北上。好天なら最高の河岸ルートですが、今日は残念ながら曇り。
 その後、西部浜海快速公路(自動車専用道)の側道を南下。
 台湾一周自転車ルートの案内が路面に書かれているので、複雑な側道もほとんで地図を見ずに走れます。
 そして、強い追い風。冬の季節風なので2012年1月に逆に北上した時は、たいへん苦しみました。鳳鼻隧道は、海岸沿いの自転車道へ回避。高速巡航できる自転車道です。
 今日は移動の日ですが、なにやら祭りの雰囲気。(0:27)
 竹南あたりに泊まろうと思っていましたが、追い風効果は絶大で苗栗まで。時間に余裕もあったので、ホテルはじっくり選んで栗華大飯店、14階。
 爆竹の音に誘われて、宿の裏手へ行くと、この町内会の龍でしょうか。家々を周っているのは、ご祝儀をもらっているのかも知れません。(0:48)
 日が暮れてわかったのは、町をあげての大フェスティバル。阿波踊りより、浅草サンバカーニバルに近いタイプでした。春節も終わっているのに、何だろうと思いましたが、上元(小正月)のお祭りだそうです。
 123.95km、6h27m

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com