このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

13 礁渓 - 台北

2017年2月20日月曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 礁渓の夜明け。残念ながら海からは遠く、台湾東海岸かどうかはわからない。(0:41)
 台北へは、三貂角経由の海沿いも面白いですが、今回は山越えの9号線です。中央は亀山島。
 交通量が少ないのは、北宜高速公路の雪山隧道(12.9km)が2004年に開通したためです。
 坪林で昼食。淡水魚が名物のようです。
 500mの峠を2つ越えて台北市街地の南端にあたる新店到着。中心部へは入らず、郊外で宿を探すことにします。一軒目の商務旅館(ビジネスホテル)。古いが広い、2000NTD。
 夜は旧知のSくんが、「マンションを買った、間もなく賃貸に出すので見せたい」とのことで見学に。築40年で外見はくたびれている。今のレートで5500万円。バスルームと別に、シャワールームがあった。英語での意思疎通がうまくできなかった感があるが、不動産が右肩上がりなのは当然、建て替えの発想無し。バブルが弾けたデフレ国家から見ると心配です。
 65.52km、4h54m

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com