このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

12 留茂安 - 礁渓

2017年2月19日日曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 蘭陽渓、河口まではまだ50kmあるんだが。飛行場ができる広さ。
 天狗渓との合流地点で左岸に渡ります。
 秦雅大橋手前で「羅東林鉄八号隧道」を探しますが、見つからず。村の人達も知らないようです。ここは、2011年に逆コースで休憩した集落で、記憶が甦って来ました。
 鉄馬駅站(自転車補給点)の案内が出ていた警察署で空気入れを借りました。当たり前のように、仏式、空気圧計付き。
 橋を渡り太平山林鉄天送駅跡。日治大正10年(1924)創建。駅舎も転車台も残っていました。
 台湾なら当たり前。
 路線跡も残っていたので、蘭陽渓岸の九弓湖まで走ってみました。三星のご一家。4月に結婚するとのこと。
 "日本語少し" と言う奥さんが、九弓湖駐在所事件の案内板を指して "同じ、同じ" と言ってたのは、なぜだろう。
 三星は葱が名物、行くべしと蔡くんから指示を受けていた「味珍香卜肉店」は行列で断念。行かないと後悔すると言われた「正常鮮肉小籠湯包」はお休み。羅東の一番有名なお店「林場肉羹」でようやく昼食。最初に口を付けた時は??でしたが、結局おかわり。二杯で70NTD。
 羅東文化工場。台湾のホープ、黄聲遠(田中央工作群)の設計。
 遠くから見ると威圧感が無いわけではないが、近づくと敷居は低い。市民の憩いの場。
 羅東から宜蘭。(五福眼科、羅東駅、宜蘭駅) 礁溪戸政事務所は、台湾の沢田マンション? こちらは、れっきとした役所の建物。
 礁溪は有名な温泉地、迷った末、眺望の良い汽車旅館。モーテルですが温泉です。夕食は、葱油餅と奕順軒のパン。奕順軒礁溪店は中国人団体客で異常に混み合っていましたが、パンはすこぶる美味い。
 72.19km、4h37m

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com