このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

09 廬山温泉 - 武嶺 - 合歓山

2017年2月16日木曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 セデック族の村を出て、R14とR14甲の分岐から本格的な上り。廬山温泉(1100m) を8:05に出発し、翠峰(2309m) は12:14。
 方角から言って、中央奥の一番高い山が玉山(3952m) だと思います。
 鳶峰(2750m) は13:49。まだ、顔ハメ撮影の余裕があった。抜きつ抜かれつだった BIRDY(BD-1)のオヤジとここでお話。中部横貫公路は 8回目。花蓮まで行きたいが、今日は不調で時間が心配とのこと。山で会う小径車は、オヤジばかりなのは、どうしたものか。
 森林限界が近づいてきましたが、このあたりから全然踏めなくなりました。(14:22)
 昆陽(3070m) は15:24。ここで大休止。
 最高地点の武嶺は見えてますし、傾斜も緩くなっています。周りの人達は、「やったね、おめでとう」って感じで言ってくれるんだが進めません。写真を撮るふりをしながら、牛歩の進み。押しでも遅い。
 武嶺(3275m) 到着は 16:22。昆陽~武嶺は、わずか 2.1km。これに、休憩を含むとは言え1時間かかっています。ただ、緩斜面と思った坂が 10%もあったので少し納得。きっと空気が薄かったのでしょう。日陰は氷結していました。
 ここからは、路面に注意しながら着込んで下り。
 観雲山荘まで行く気は全くなくなり、ちょっとお高い 松雪楼(3130m)泊。バルコニー付きでした。自転車はお部屋に。
 合歓山の夕暮れ。北方向。
 バルコニーからのタイムラプス。(0:29) 好天なので、明朝の期待大。
 41.82km、5h51m

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com