このブログを検索

BLOG ARCHIVES

DAHON K3

DAHON K3
2019年購入。14 inch,7.8kg,3速。

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。けっこう走れます。2019年、退役。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は25年間ノートラブル。2017年、退役。
 
 

古道から見る歴史講座/持田谷

2019年1月17日木曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 川崎市宮前区主催の古道から見る歴史講座。「ホントに歩く大山街道」の著者、中平龍二郎さんが講師の8回講座に参加しています。5回目は初の野外実習で、宮前区役所に近い持田谷(もちだやと)を歩きました。
 (A) 宮前区役所の横にある土橋第一公園。土地造成以前の高さを感じることができます。
 (B) 持田谷の谷頭部へ上る。自然地形は残っていません。
 (C) 持田谷の北側斜面。宮崎第四公園。
 (C) 持田谷の南側斜面の下を流れる川。
 (D) 宅地造成の空白部。原地形が残っていると思われる一角。
 (E) 大山街道。消失部分。
 跡形もなく、マンションの敷地になっています。
 1/20000 「溝口」明治39年測図、42年製版。持田谷には細長く水田が続いています。橘樹郡宮前(みやざき)村の村役場、現在は馬絹交差点の宮前(みやまえ)地区会館。
 歩き 5.8 km (解散後の宮前区役所までを含む)

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com