このブログを検索

BLOG ARCHIVES

DAHON K3

DAHON K3
2019年購入。14 inch,7.8kg,3速。

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。けっこう走れます。2019年、退役。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は25年間ノートラブル。2017年、退役。
 
 

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 境界協会の「千葉県市川vs浦安+都県境の妙見島」 に参加しました。参加者は45名あまり。東西線 南行徳駅からFW開始。先ずは、市川市と浦安市の市境。
 行徳村と浦安村だったころ。澪に続く小川が境界でした。住居表示が違うのは当たり前ですが、通りの名称も違います。道路は千葉県道5号線ですが、市川側は「新浜通り」浦安側は「大三角線」、不仲なのでしょうか。
 浦安側の広い通りも、市境で途切れています。
 1/25000「浦安」1999年発行では繋がっている道。浦安側が拡幅した際に、市川側が接続を拒否したのでしょうか?
 両市の仲を象徴するような荒んだ境界。
 川跡(おそらく暗渠)のようです。川沿いが畑です。
 不仲確実な市川市と浦安市。マンホールも入れ乱れてのバトルロイヤル。
 いよいよ妙見島。東西線から見た船首(下流側)、旧江戸川の中洲です。
 千葉県側から見た船尾(上流側)
 ゆっくり進んでいると言われる妙見島。明治の迅速測図より50mくらい下流へ。・・実際は、測量精度や測地系の違いかも。
 浦安橋で東京都に入り、途中で橋を降りて妙見島入り。東京23区唯一の自然島と言われています。工場だらけですが、千葉氏の守護神である妙見菩薩を祀る妙見神社があります。明治中期までは千葉県でした。
 再度浦安橋を渡り千葉県へ戻ります。
 境川西水門から浦安町役場跡を経て清瀧(せいりゅう)神社へ。
 境川西水門と境川。水門脇に明治始めのお抱え外国人、リンド(オランダ)の記念碑があります。
 本殿の意匠が際立つ清瀧神社。富士塚は大沢崩れあり。境内にリンドが設けた近代水準測量の出発点「堀江水準標石」があります。
 最後は、浦安駅まで歩き解散。7.5km。

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com