このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

標高グラフ付きの大きな地図を見る
< Argentiere - Saint=Nicolas=la=Chapell >
 朝、もう一度シャモニーを通ります。三日前に泊まったアオスタはこの山塊の向こう側にあり、直線距離で50km。間にはモン・ブラン(4810m)、グランド・ジョラス(4208m)が聳えます。
 アルブ川(L'Arve)沿いの D243 がレ・ズッシュ(Les Houchs)で途切れ、山腹を縫う地方道へ。小さな峠を越えると予期せぬところで、予想外の眺望が。ビューポイントだと思いますが、案内全くありません。
 アルブ川まで下り D13 へ。日曜日なので、大勢走っています。お母さんと幼児がロッククライミング、お父さんはビレイしていました。
 だいぶ下りましたが、パッシー(Passy)で谷が広がると、まだまだ標高があります。
 一旦街まで下り、上り直した D909 から。中央、奥へ(北へ)流れるアルブ川はジュネーブでローヌ川と合流し、最終的には地中海へそそぎます。
 オートサボア県からサボア県に入ったフルメ(Flumet)では、昔の服装での夏祭り。
 この音楽が、耳を離れません。
 

 あまり下ると暑そうなので、標高900mのサン=ニコラ=ラ=シャペルに泊まることにします。ホテルのレストランはクローズしていましたが、ホテルを一人で仕切っていた青年が、パスタなら作れるとのことで作ってもらうことに。泊まり50ユーロ、夕食10ユーロ。期待していませんでしたが、非常に美味かったです。
時間が早いので、ツール・ド・フランスをテレビで生観戦。
 60.31km AV13.2km/h,4:32:16

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com