このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

イブレア~アオスタ

2015年7月15日水曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
< Ivrea - Aosta >
 旅行前にルートを調べるまで、知らなかった街ばかりですが、イブレアの標高は250m、目的地のアオスタは600m弱。ポー平原からアルプスの外縁に取り付くルートです。
 イタリアの道も3日目ですが、特徴としては、市街地にはときどき石畳区間がある、三輪車をけっこう見かける、枯れている水場が多い、と言ったところです。交通マナーは、日本より良いですね。自動車も自転車も、運転スキルが高いです。
 新しい道ばかりだと面白くないので、旧道に逸れてみましょう。いい感じ。泉の水も生きています。
 教会前には石造りのB&B。ちょうど宿のおばさんが顔を出したので、写真を撮っていいかと聞くと、ダメダメと行って隠れてしまいました。わたしのイタリア人のイメージは間違いだったのか。
 バール(Bard)手前では、ローマ街道(Via Romana)跡らしき石の道が残っていました。丸い石の激しい振動の中、覚悟を決めて進みましたが通行止。
 サン=ヴァンサン(Saint-Vincent)が近づくと、徐々に斜度がきつくなります。真ん中トンネルへの直進は自動車道のA5、走っている SS26 は、右手前から左奥の石橋へ延びる道です。
 工事で交互通行のトンネルでは、抜け切れずに途中で退避。みなさん、ゆっくり走っているので、怖くないです。
 アオスタ到着、アウグスティヌス門。この日も35度で、暑さに苦しみました。アオスタは元々ローマ帝国の前線基地で、アルプス越えの要衝として重視された街です。
 円形劇場などなど。
 旧市街は、観光地っぽいので、少し離れた三ツ星ホテル。朝食付きで65ユーロ。買い物に出かけようとすると正面がアウグスティヌス門。なんと、ホテル前の道が、本物の Via Romana でした。
 71.25km AV14.8km/h,4:48:13

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com