このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

シャンベリー ~ モレステル

2015年7月21日火曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
< Chambery - Morestel >
 リヨンへ続く丘陵地帯も近いですが、その前に1000mの壁があります。カーブするレマン湖の延長線上に、いくつか南北に細長い湖がありますが、それと同じように南北に伸びる山を越えて行きます。
 点々と集落がありますが、歴史的には新しそう。地元サイクリストの山岳練習コースです。
 つづら折りを上って行くと、シャンベリーが一望の下に。
 レピンヌ峠(Col de L'Epine)は987m。西側の傾斜も急で、家々が真下に見えます。
 エギュベレット湖(Lac d'Aiguebelette)の湖面が鮮やかに目に入ります。
 絵のような教会を巻いて下り、サン=ジュニ=シュル=ギエ(Saint Genix sur Guiers)で北に折れローヌ川へ。
ドイツから来た若いお母さんは小さな子供と手押し旅行中。
「ツーリストなの?」
「そう、ドイツから来たの。3週間フランスを歩くわ」
「すげ~、ドイツだと普通なの?」
「いや、ちょっと普通じゃないと思う(笑)」
 自転車道が途切れたところでローヌ川を南岸に渡り、ホテルがありそうなモレステルへ向けて走ります。
 小さな街ですが、Office de Tourisme があったので、お勧めの宿へ泊まることに。
「すっごく場所が良くて、シスターがやってるの。あなた、シスターってわかる」と尋ねられたので、十字切ると納得したようでした。
 屋内階段は石造り、相当歴史がありそうですが、部屋は広く Wifi完備。地下牢みたいなシャワーではと思いましたが、新しいバスタブ付き。シスター、英語が全くできませんが、一生懸命説明してくれます。
 部屋は、ジャージを干している窓のところ。
 私も猫脚家具のお部屋に泊まれるご身分になりました。
朝食付き45ユーロ。
 70.70km

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com