このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

コンブルドンド - ニーム

2016年7月12日火曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 周りに何もない一軒宿。必然的に昨夜の夕食はホテルで食べることになりした。3品のコースで、15.5、19.5、24、32ユーロの4種類あるのは分かりました。24ユーロにすると、何かを選べと言ってるようです。あなたが決めて下さいと言っても、やはり通じません。わからないまま選んだ結果がこれ。味、量とも満足です。
 「宿代と合わせて、今カードで払う」と言うと、厨房からおねえさんが助けに出てきましたが、やっぱり怪しい。結局、隣のお客さんに通訳してもらいました。このご夫妻は、パリから南仏へのバカンスの途中、いつも立ち寄るそうです。隠れた名店かも知れません。

 小雨の中、ニームへ向けて出発。今日は、距離はありますが下り基調のはずです。
 途中、鉄道跡っぽい堰堤が D999 につかず離れず。気にしてると、ついにトンネルと橋に遭遇しました。
 いい感じのカーブ。単線です。
 さらに下っていくと、別の橋。この辺だけでも、碓氷峠級かと。
 村の広場で休憩。不審者チェックの意味もあるのでしょうが、皆さん挨拶してくれます。
 何度か見かけた世界遺産の標識。「こんな標識じゃ、情報が少なくて行けない」と思っていましたが、今調べると「コースとセヴェンヌの地中海農牧業の文化的景観」とし広いエリアが指定されており、昨日泊まった宿も範囲内でした。
 この先のトンネルは、人、自転車が進入禁止。少し道路標識が判るようになりました。
 今回のツーリングで各地で気になったのは第一次世界大戦の碑。ここも、第二次大戦は付け足しのような感じです。
 Arre の街を過ぎると廃線跡を利用した自転車道がありました。たぶん、1896年に開通し1955年に廃止となった。世界遺産登録に合わせ2011年に整備した。
 今日は終日廃線跡と一緒でした。平地に入りニーム到着。旧市街の狭い道をたどっていくと。
 円形劇場。ローマ時代の闘技場です。
 今夜は、L'etape du Tour に参加した知人とホテルで合流。お二人共完走とのこと。これは、ツール・ド・フランス第20ステージと同じコースを制限時間内で走り切る厳しいサイクリングです。
 117.26km AV16.1km/h,7:16:20

2 コメント

  1. や ま Says:
  2. 矢継ぎ早のアップですね。
    写真見ていると、エタップより、やっぱりサイクリングが魅力的ですねえ。

     
  3. taka Says:
  4. それぞれ、良さがあると思います。いずれも、open-mind な姿勢が楽しさを倍加させてくれるでしょう。

     

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com