このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 今日はベジエへ向けて北上。ホテルのある砂州は北側とつながっているのだろうか。地図では徒歩道あり、宿のお兄ちゃんも "行ける" とのことだったが実際は渡れず。
 結局戻って、高架となっているD627の側道を北上。
 チェーントラブルで困ってるフランス親爺を助けたり、水を補給したりしながら、Narbonne(ナルボンヌ)到着。街の中心で鉄道駅とミディ運河の支線、ロビヌ運河が交差しています。
 ここからは、運河沿いにベジエを目指します。
 閘門を下流側から。
 運河に沿って自転車道が続いています。
 Raonel(ラオネル)で一旦運河から離れ Capestang(カプタング)へ。街の教会で給水しようとすると、なんとなく飲んじゃダメっぽい "EAU NON POTABLE" の文字が。通りがかりの人に聞くと、声を出して読んだあと考え込んでいます。「フランス人だろ」と問い詰める(笑)と「いや、違うんだ」とのことで、別の人に聞いてくれました。答えは「飲んじゃだめ」でした。
 ぶどう畑を上って行くと、唐突にミディ運河が現れます。周りより2-30m高い位置を滔々と流れています。
 一旦下った後、ローマ遺跡(アンセリュヌ)にある丘へ上っていきます。目的は遺跡でなく、モンタデイの放射状畑。Google Earthを見ていて行かねばならぬと思った場所です。すごい。情報があまり見つかられませんでしたが、13世紀ごろに作られたらしい。
 坂を上る途中に "Tunnel de MALPAS (Canal du Midi)" の標識があったので、見に行くと運河トンネルが。事前知識がなかったので、見学しているモロッコ人に色々教えてもらいました。相当なインテリでした。研究者かもしれません。
 ミディ運河と言うことは、目的地のベジエまで運河沿いに行ける! ので、計画変更。道はダートでしたが、問題なし。
 最後はD609でベジエ市街へ。この程度はフランスでは普通ですよ、って感じで古城と橋が迎えてくれました。
 101.83km AV14.5km/h,7:00:49

2 コメント

  1. M.K Says:
  2. ミディ運河をサイクリングしたいと思い、色々調べています。お勧めのコースはありますか。

     
  3. taka Says:
  4. 最高地点になるカルカッソンヌ(私は行っていません)か、ベジエ周辺が良いと思います。今回、工事中だった7段閘門の工事が終わってからなら、更に面白いでしょう。運河に沿った自転車道はダート部分も多いので、ロードバイクだと太めのタイヤにした方が良いと思います。

     

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com