このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 今日は、Avignon(アビニョン)でローヌ川を渡り、Mont Ventoux(モン・ヴァントゥ)の麓町カルパントラまで。途中、大物世界遺産のPont du Gard(ポン・デュ・ガール)がひかえています。
 D6096を北東へ。空気の透明感が上々で、距離感がおかしくなりそうです。
 時間に余裕があるので、Saint=Bonne=du=Gard(サン・ボネ・デュ・ガール)から山越えでポン・デュ・ガールを目指します。手持ちの電子地図(OSM、オープンストリートマップ)では小径ですが、経路データが取れたので、使われている道だと思います。
 登り口手前で、若い美男美女のカップルが下ってくるので、道の状態を尋ねると、「自転車だとチャレンジだ。石だらけの坂は押しになる。上り切ると平らになり、案内板に沿って行くと橋が下に見えてくる」
地図も書いて説明してくれました。
 この地図が的確で、1km あるという石だらけの坂の途中で自転車を捨て、空身で上るとダートの平坦路。石の坂を押し上げる力はなく、あきらめました。眺望も良く、マウンテンバイクで再訪したい所です。
 結局、ノーマルルートのD981(ポン・デュ・ガール通り)で下流からアプローチ。予想を上回る巨大橋梁。 2000年前ですか、そうですか。
 右岸の自転車道をゆっくり下流へ(0:12)
 Remoulins(ルムーラン)からは D6100,N100とたどりローヌ川を渡りアビニョンへ。
 サン・ベネゼ橋(アビニョンの橋)向かいの公園で携帯食でお昼。
 ここは城壁に囲まれた街で教皇庁があった時代もあります。レンタサイクルも充実。
 カルパントラが近づくと、"プロヴァンスの巨人" Mont Ventoux (1912m)が見えてきます。山頂までくっきり。明日、上るんでしょうか。
 ツール・ド・フランスの映像でお馴染みの向日葵畑。残念ながら、強い風で皆さん後頭部を見せています。
 カルパントラでは2泊します。スーパーが閉まってしまうので、チェックイン前に食料調達。荷台は限界でした。
 革命記念日のツール・ド・フランス第12ステージ。シングルの部屋がとれず贅沢にも2ベッドルーム。中庭も専有できました。
 86.47km AV14.7km/h,5:50:57

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com