このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 早起きして50kmほど北上しツール・ド・フランス個人TTを見に行く選択肢もありましたが、昨夜のうちに諦めました。マルセイユまでの110kmを2日かけてのんびり走ることにします。連泊したカルパントラの街も、見ていく価値がありそうです。
 同宿だったオランダ人一家。お父さんは日本語少し知ってました。昨日、封鎖で行けなかった Mont Ventoux 山頂へ上るそうです。
 昨夜の街中。
 カルパントラは人口27000人の郡庁所在地。古代にはギリシャ商人たちの商業拠点だったらしい。
 強い追い風を受けて南下。素通りしようとした Cavaillon(カバイヨン)にも、ローマ時代の遺構がありました。
 デュランス川を渡り Orgon(オルゴン)に入ると山の上に古城が見えてきます。Office du Tourisme で道を教えてもらい上ってみることにします。私は城への道を尋ねましたが、「教会ね」と言われたので、言われるままに(汗)
 教会まで上ったかいがあります。
 教会の広場にいたキャンプ旅行中のデンマーク人一家。お父さんが若い頃、東京で働いていたとのこと。日本語で話しかけられ、びっくりしましたが、先方も日本人が自転車で現れびっくりしたらしい。
 サロン=ド=プロバンスへは、鉄道と運河が延びています。
 D7N は交通量が多いので、大廻りになりますが山沿いの D569を走ることにします。Eyguieres(エグイエール)の中心部は一方通行ですが、自転車は走れそうです。SAUFの意味はわかりませんでしたが、路面に自転車マークがあります。(SAUF=を除く)
 広場の戦士像は第一次世界大戦のものでした。
 Salon-de-Provence(サロン=ド=プロバンス)へ入り宿さがし。長い地名なので、道路標識では Salon-de-P とかに略されていました。
 街中にホテルは4つ見つかりました、選んだのは左上。基準は、ま~外観です。部屋は見ずに決めました。
 48+8(朝食)+市税で、56.65ユーロ。個人TT、最後の部分が見れました。
 一々驚いてられませんが、サロン=ド=プロバンスはこんな街。石鹸が産物でしょうか。
 今日は時間があるので、思い切ってレストランに挑戦してみます。と言っても、如何に "おまかせ" で食べるかです。伝えたことは「私はメニューが全くわからない。20-25ユーロで夕食にしたい。なんでも食べられる。サイクリストなので腹が減っている」
 ヒアリングされた結果、サラダ。「サラダだけで充分夕食になる。一品だけで全然オッケー。飲み物は水で何の問題もない」とのこと。12ユーロでした。
 この手は使える。ただし、英語が通じる場合。
 64.43km AV16.7km/h,3:52:52

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com