このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

イエール - フレジュス

2016年7月18日月曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 Hotel Port Helene の朝食は 9EUR、最高値ですがパンが抜群にうまい。沖合には Toulon(トゥーロン)の港へ入る客船と軍艦が見えました。
 さて、昨日の午後から主に自転車道を走っていますが、この日のも続きます。後日調べたところ、Sanary(サナリー)からFrejus(フレジュス)まで、Parcours Cyclable du Littoral(海岸線自転車道)と言う一般名詞のような長い自転車道(赤線は予定)があり、これを断続的に走っていたようです。
 自転車道は好きではありませんが、道の難しいコートダジュールで地図をチェックせずに安心して走れます。
 廃線跡。地図で赤線(予定)となっている部分。
 Saint=Maxime(サント=マキシム)あたり。予定ではカンヌ周辺まで走る必要がありますが、完全にあきらめました。鉄道のあるフレジュスまで行き、明日は輪行することにします。
 フレジュス到着。最後の夜なので、駅前の四つ星ホテルに行くと「一番大きな部屋しか空いてない。旧市街に二つ星のいいホテルがあるから、そっちがいいよ」とのこと。
 一応、大きな部屋の値段を聞くと「230ユーロ」
 素直に二つ星へ向いました。私にピッタリのいいホテルです。
 シャワーの後、駅でチケット購入。全ての列車が自転車搬入可。朝一の列車でニースまで行く手もありましたが、10:14 発、11:28 Nice Saint-Augustin(空港最寄り駅)着で、ゆっくりすることにします。
 86.07km AV17.3km/h,5:01:43

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com