このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 深夜にハノイのノイバイ空港着。翌日は、慣らし運転を兼ね近郊のバッチャンへ。
 ベトナムは、地域ごとの特産物が多く、道路沿いにお店が並んでいる集落をよく見かけます。ここは、陶器の街で、素朴なバッチャン焼で有名です。
 ホアンキエムの宿から、北爆の象徴だったロンビエン橋(鉄道橋)に付設されているバイク橋を渡り紅河の左岸へ。農村地帯と場違いな高層住宅の近く、2km四方の街が焼物の街、バッチャンです。
 お約束画像ですが、ベトナムではなんでもバイクで運びます。
 非常に密集した街で、裏通りは迷路。ほぼすべて焼物を生業にしています。
 紅河に面した寺院には、頬に国旗をペイントした小学生と先生がお散歩? ベトナムの女性はノリがいい、と言うか外国人と話すのを面白がる感じがあります。下手な英語ですまぬ。
 夜は、ハノイ自転車友の会のメンバーとハノイ最強(少なくとも機材では)自転車チームの総帥チュンさん宅へ。サパへは、折りたたみ自転車でなく、オレんところにあるTREKのMTBで行けとの、振り返れば真っ当なアドバイスを頂きました。
 その後、大山亭で会食。2009年に来たときは語学教師だったオオヤマさんが、小料理屋の女将になっていました。
 48.74km

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com