このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

Vietnam Co Tiet - Yen Bai

2013年10月18日金曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 今日も雨、QL32から分岐した QL32Cの北上が続きます。日本はバイパスも国道指定なら同じ番号なので分かり難いことがありますが、ベトナムの国道は台湾と同じように枝番が付きます。
 途中、建設中のホーチミン・ハイウェイと交差します。元は中国から陸路入った軍事物資を南へ輸送したホーチミン・ルートの一つですが、早晩高規格道路となるようです。
 休憩したカフェの若主人は、奥さんが日本で就学中とのこと。お母さんの作った、家の昼食をごちそうになりました。コーヒー代も受け取りませんでした。
 若主人は日本語を解しませんが、見せてもらった奥さんの日本語自己紹介動画では、全く結婚にふれていません。日本では独身と言うことのようで、ちょっと心配です。
 紅河の渡し船。
 紅河の右岸を走り、Yen Bai で左岸に渡りますが、一つ手前の橋を渡ってしまい、その後道迷い。渡る橋を間違った認識がないため、かなり混乱しました。
 ようやくたどり着いた Yen Bai は大きな街で、良さげなホテルに飛び込みましたが断られるはめに。ずぶ濡れだったのがまずかったのでしょうか。
 泊まったのは、怪しげなホテル。4階の部屋までのフロアに居間やキッチンがあり、派手目なお姉さんがいました。
 84.50km

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com