このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

Vietnam Sapa - Than Uyen

2013年10月22日火曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 今日は、ベトナム最高峰のファンシーパン山(3143m)の稜線にある国道最高地点の O Quy Ho峠(QL4D、2020m)を越え、ハノイへ続くQL32まで下るルートです。
 小雨の中、Sapa出発。眺望のいいコースのはずですが、視界は100mほどでしょうか。峠もガスの中です。
 この道の制限時速は 80km、ベトナム恐るべし。
 人気のない道ですが、工事ヶ所では指差し会話帳が活躍します。
 1000mくらいまで下ると、霧が晴れ棚田が見え始めます。
 ベトナムの田舎を走っていると、この国が初等教育に力を入れているのがわかります。
 QL32と合流地点で、初めての茶屋。おこわの昼食。
 モン族はビリーヤードが好きなようで、この後もプールバーならぬプール茶屋をよく見かけました。
 段畑では、とうもろこしを作っていました。
 子供たちの表情も豊かです。派手なシャツは、花モン族かも知れません。
 自転車の外国人は、珍しいのでしょう。ゴム飛びで遊んでいた子供たちも、カメラを構えると集まってきます。
 このあたりの住居は入母屋作りなので遠目には日本の農村風景に似ていますが、高床式です。
 雲南から続くカルスト地形を走ります。今日は100km越え。
 ちょうど稲刈りの日でした。豊作なのでしょう、皆さん素晴らしい笑顔です。
 102.77km

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com