このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 今日は台北入り。最東端の三貂角はまわらずに、廃線跡のトンネルで北部に抜けることにします。
 複線の現役トンネルと単線の旧トンネルが並んでいます。旧草嶺トンネルは全長2166m。都市間移動にも使える、機能的な自転車専用トンネルです。
 福隆駅側抜けると雨。雨脚も強く、今回の旅で初めて上下とも雨具を着ました。
 ビジターセンター(遊客中心)では、海沿いの道をすすめられましたが、空は明るいので山越えルートを選ぶことにします。雨もおさまり道は快適。
 台北の標識も見え始めたところで、平渓線の十分駅に合流します。内灣駅ほどではありませんが、大勢の観光客でにぎわっています。
 台湾のローカル線は駅周辺の老街のB級グルメとあわせ、大変人気があるようです。列車が来ないときは、ランタンを上げる傍若無人ぶり。と言うか、列車がアトラクション扱いなのかも(笑)
 ここで、台北郊外から走ってきた地元のサイクリストの陳さんに引いてもらうことに。陳さん、64歳ですが早いです。坂では、完全にちぎれて待ってもらいました。
 菁桐駅へも、県道から別れた抜け道で案内してくれます。
 その後も、高速道のインターチェンジをかわす難しい道を一気に先導してくれ大助かりです。相当時間を短縮できました。
 84.63km

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com