このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

台湾2014 第5天 台中~麥寮

2014年3月3日月曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 2泊した豪華ホテルを出て南下します。澎湖諸島への高速船が出ている布袋までは150kmほどですが、ゆっくり出て途中一泊することに。台湾のホテルは12時チェックアウトが標準なので、つい、ごろごろしてしまいます。
 台中市街から彰化市を抜け鹿港方面へ。途中、日據古砲台の案内標識があり。日據(にっきょ)の意味を後日調べたところ、日本統治時代を否定的に表現するもので、日治(合法的統治)、日據(占領統治)と考えておく必要があるようです。政権により表記は揺れるようですが、駅やダムと違って軍事施設なので、厳しい表現になるのかも知れません。
 建設時期は1928年と1943年の情報が見つかりましたが、もっと古い時代の施設のように思えました。
 彰化平原の田園地帯が続きます。道端に国民党軍のトーチカが。
 台湾糖業、五分車鉄道跡の自転車道。五分車とは標準軌に対して半分の762mm。
 考えていた二林にはWiFiのある宿が無く、次の大城も警察でホテルを尋ねると無いとのこと。しかたなく、先に進みますが、無人の大地の直線路が続き不安になってきます。ようやく集落が現れ、食堂のおばちゃんにホテルを尋ねると、6km先にあるので日が暮れないうちに行けとのこと。
 その後、3軒のモーテルがありましたがいずれもWiFi無し。きっちり6kmで、ビジネスホテルがありチェックイン。日本語と英語を話す、たぶんオーナーの娘さんによると、小さな街だけど、近くに港と工業特区があるのでビジネスになるようです。
 95.01km

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com