このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 昨夜は、Hostelling International(YH) でネット予約したホテル(中級ホテルの部屋をYHとして提供)の予約が通じてなく、結果一部屋専有することになりました。期待しましたが、平凡な部屋でした。
 夕食は、語学サイトで知り合ったS君と。彼と会うのは、日本を含め4回目になります。
 台北のレンタサイクル充実していて、夜も大勢利用していました。MRTの駅をはじめ、各所で乗り捨て可能で、最初の30分無料、その後も4時間まで30分/10元です。
 2年前にKHS F20-T3を買った龍山寺のKHSショップと、初日に顔を出した士林のGiantショップを訪ねて、空港へ向かうことにします。
 空港では、梱包用ダンボールが見つからず焦っていたところ、目の前のごみ箱に捨てに来た人がいる僥倖に恵まれました。
 羽田空港から自宅まで自走。気温が高くて助かりました。
 24.64km(台湾) 23.30km(日本)

2 コメント

  1. smak Says:
  2. 結局,ほぼ一周したのでしょうか?
    日数を考えると距離的に長いような短いようなイメージしにくい感じです.旅としてはこれぐらいが満喫できるんでしょうね!

     
  3. taka Says:
  4. 東海岸の一部を鉄道輪行しました。ほとんど平地を走ったので、のんびりサイクリングでした。
    やはり、中央山岳越えがないと、少し物足りないです。

     

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com