このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 朝風呂に入り、のんびり出発。
 瑞穂駅から輪行の予定でしたが、次の光復まで11kmの標識があったので、一駅自走することに。走り出して思い出しましたが、台湾の標識は市境までの距離を表示しています。結局、光復駅までは25kmあり、ぎりぎりで間に合いました。花蓮駅で太魯閣号に乗り換え、13:11 宜蘭駅着。
 宜蘭からは、県道192、省道2号線を北上。途中、道教寺院で、農村歌舞伎といった感じの芝居が。題目は「征沙河」か?
 宜蘭県無形文化遺産伝統芸術保存団体とあったので、公的支援がないと維持はできないのであろう。
 宿は、4年ぶりの頭城休閒農場。YH料金で泊まる一人旅ですが、歓迎してくれました。
 休閒農場は、農業体験や草染、ランタン作り等ができる体験型施設で、都市化が進む台湾では、流行っています。やり手オーナーの下、この日もテレビの取材があるようです。オーナーの娘さんは、留学経験があり英語ぺらぺらです。経営者が子女を海外留学に出すのは、よく聞く話です。
 49.17km

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com