このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 今日は海岸線の省道11号線を北上、海岸山脈に分け入る省道23号線を経て、鉄道に沿う省道9号線へ転じるルートです。
 昨日の向かい風はおさまり、快調です。
 台東ではベトナム料理屋がいくつかあり、夕食は揚げ春巻きを食べました。今日も、省道沿いでカフェスア(ベトナム風ミルクコーヒー)を。ボートピープル関連でなく、農村花嫁としての移住が多いようです。
 東河では、初めて台湾を走った時に泊まった日本人経営の民宿「熱帶低氣壓」に顔を出しました。宿が見つからず、通りがかったモーターバイクのおっさんに先導してもらいたどり着いた宿です。サーファー主体の宿ですが、自転車乗りも大歓迎とのことです。
 行列の店、東河包子で肉まんを食べ、山越えにかかります。
 泰源の集落を後に、山中20km人家がありません。峠は600mほど。より険しい山岳にも人が住んでいることを思うと、不思議な気がします。
 東里駅近くの新しい建物に宿泊。相部屋の料金(500元)で、いい部屋が専有できました。夕食で入った食堂のおかみは、長く埼玉に住んでいたとのこと。環島サイクリングの4人組と一緒でした。兵役時代の仲間とのことです。
 94.66km

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com