このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

スイス ジュネーブ

2014年6月6日金曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
<6/6 Geneve >
 初めてのスイス。新設された羽田からの夜便でドバイを経由して午後1時にジュネーブ入りしました。
 いきなりの圧巻は、ドバイからのフライトがアルプスの遊覧飛行と化したこと。山の名前はわかりませんが、きっと名峰の数々が眼下に見えているのでしょう。
 レマン湖の西端、ジュネーブ空港を右手に旋回し着陸。
 トランジット便での輪行も初めて。自転車はターンテーブルに乗って出てきましたが無傷。恐れていた空港からの脱出も、自動車専用道に沿った自転車道がありました。
 今日の課題は宿探しだけですが、4mmの六角レンチを忘れたので、まず自転車屋を探します。「英語、分かんないよ」と言われましたが、快く工具を貸してくれました。
 スイス、フランスで毎日数回お世話になることになった水場。今回走った地域は、水が豊かで街角で飲水を入手することができます。
 時間は早いですが、レマン湖北岸を走りながらホテルを探します。台湾やベトナムのツーリングで行っている、夕刻になればその日の宿探しをする手法が、ここでも通用するか否か。
 湖岸の国道1号線は昔からの街道のようで、小さなホテルが点在しており、この分だとなんとかなりそうです。ただし、高い。コペの湖岸で話しかけてきた青年に聞くと、「この先は高級ホテルが多い、ジュネーブ市街の○○に行けば、安いホテルもあるよ」とのことで、市街へ戻ることにします。しかし、走ってる内に地名を忘れてしまい、鉄道駅近くの Hotel des Alps 泊(150CHF+市税2.3CHF、17942円)。先々週のベトナムから頭を切り替えないといけません。
 ジュネーブは、かつては国際連盟本部、現在も国連機関が多く置かれています。人口20万人あまりの小さな都市で、路面電車が走っています。
 37.36km AV14.4km/h,2:34:54

2 コメント

  1. や ま Says:
  2. おっかりえなさ~い!
    早速のアップ開始、のっけから圧倒されてます。
    それにしても、ホテル代、高いですね。

     
  3. taka Says:
  4. 最初の1泊で、ベトナムの15泊分となりました。設備もベトナムでは歯ブラシ、空調付きですが、こちらは共に無しです。

     

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com