このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

標高グラフ付きの大きな地図を見る
<6/16 La Lechere - Col de Madeleine - St. Pierre>
 昨日のサプライズを経て、やってきましたマドレーヌ峠。スイスのグリンデルワルトから4日かかりました。
 基部から26km。標高420m から 2000mへの上りになります。看板の Le Capricorne が昨夜の宿です。
 出だしの雰囲気は裏ヤビツの感じ。ベトナムでは定番のキロポストですが、現在フランスでは使われていません。これは、サイクリスト向けに昔風に作られたものです。励みになります。
 峠への道にいくつかの集落があり、水も確保できます。この水場は1880年に作られた物です。
 北からだと平均斜度は 5%なので、淡々と上れます。
 MOTOで来たドイツ人夫妻は、スズキとカワサキでした。ナンバープレートに 'D' と表記されているので、「デンマークかと思った」と言うと「Deutschland の 'D'、でも今は EU なのよね~」と残念そうに言ってました。
 いくつかの集落をたどる道ですが、お店は全く無く、1軒レストランがあっただけです。
 気温は15度くらいだったでしょうか。のんびり上るにはちょうどよい気候です。
 峠は広く、数件のレストランがありました。そのまま下りへ。寒さのため、止まりながらの下降になりました。(1:24)

 基部まで下るとやっと暖かくなり、サン・ジャン・ド・モリエンヌまで走り宿探し。 自転車での町おこしといった感じで、どのホテルも自転車客を意識しています。スーパーマーケットの位置を確認した後、おもむろにホテルを選ぼうとすると、Lowlandからの大きな団体が来てるとのことで、どこも満室。
 しかたなく、次の街へ。モーテル型なのでしょうか。駐車場から直接お部屋へ入れます。自転車客も多く、自転車用の納屋もありました。60EUR。
 夕食は、サイクリストメニューと言うのがあったのでそれを注文。あまり美味しくなかったですが、カロリーはありそうなので良しとしましょう。18EUR。
 69.52km AV12.4km/h,5:35:54

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com